地球の年齢は?地球はどのくらい古いものですか?




質問: 地球の年齢は?地球はどのくらい古いものですか?

答え:
聖書によれば、アダムは私たちの惑星が存在してから6日目に創造されたのですから、人類の詳細を年代順に見ることによって地球のだいたいの年齢を聖書的に決定することができます。創世記の記事が正確で、創世記に説明されている創造の6日間は一日が文字通り24時間であり、あいまいな年代的なギャップはないという前提です。

創世記の5章から11章に提示されている系図は、アダムと彼の子孫が何歳で次の世代の父親となったか、アダムからアブラハムまで続く先祖代々の家系を提供しています。アブラハムが年代的に歴史のどこに当てはまるかを考慮し、創世記5章と11章に出ている年齢を加算していくと、聖書は地球の年齢を約6,000年(数百年の誤差を含む)と教えていることは明らかです。

では、一般的にほとんどの科学者に受け入れられ、ほとんどの学校で教えられている46億年というのは、どうなのでしょうか? この年代は主に、ふたつの年代測定のテクニックから引き出されたものです。r放射線年代測定と、地質学上の時間尺度です。地球の年齢が約6,000年と若い年齢を支持する科学者たちは、放射線年代測定はいくつもの欠陥の多い仮説の上に基礎を置いているゆえに欠陥があり、地質学上の時間尺度は堂々巡りの推論を用いているゆえに欠陥があると主張します。その上、彼らは地球が古いという神話の暴露を指摘します。それは、成層、化石化、ダイヤモンドや石炭、原油や石筍などの形成が起こるには長い期間がかかるといった一般的な誤解です。最終的に、若い地球年齢を支持する人たちは、彼らが暴露した古い地球年齢説の証拠の代わりに地球がもっと若いという積極的な証拠を提示します。若い地球年齢を支持する科学者たちは、今は自分たちが少数派であることを認めています。しかし、時がたつに連れて彼らの仲間はどんどん増えると主張します。なぜなら、もっともっと多くの科学者たちが証拠を検分し直し、現在受け入れられている古い地球年齢説をもっとよく調べているからです。

究極的には、地球の年齢は証明することはできません。それが6,000年だろうと、46億年だろうと(またはその中間のいかなるものも)どちらの見解も、信仰と仮説にかかっています。46億年説を唱える人たちは、放射線年代測定は信頼できるものであり、放射性アイソトープの通常の崩壊を妨害するようなことは歴史上何も起こらなかったと信じます。6,000年説を支持する人たちは、聖書が真理であり、地球規模の洪水とか、とても長い時間がかかったように「見える」状態で神さまが宇宙を創造されたからという事実が、地球を実際よりも古く「見える」ようにしていることを説明していると信じています。その例として、神さまは、アダムとエバを成人として創造されました。もしも、医師がアダムとエバが創造された日に彼らを検査したら、医師は彼らの年齢を20歳(または、何歳でも彼らがそう見える年齢)と推定するでしょうが、実際は、アダムとエバは生まれてから丸1日もたっていないのです。どんな場合であれいつでも、進化論の方針をとる無神論者の科学者のことばよりも、神さまのことばを信頼する良い根拠があるのです。



日本語のホームページに戻る



地球の年齢は?地球はどのくらい古いものですか?