神はクリスチャンに安息日を守ることを要求されますか?




質問: 神はクリスチャンに安息日を守ることを要求されますか?

答え:
コロサイ2:16−17で使徒パウロは「こういうわけですから、食べ物と飲み物について、あるいは、祭りや新月や安息日のことについて、だれにもあなたがたを批評させてはなりません。これらは、次に来るものの影であって、本体はキリストにあるのです」と宣言しています。同じようにローマ14:5には「ある日を、他の日に比べて、大事だと考える人もいますが、どの日も同じと考える人もいます。それぞれ自分の心の中で確信を持ちなさい」と書かれています。これらの聖書箇所から、クリスチャンにとって安息日を守ることは神からの命令ではなく、霊的な自由なのだということが明らかになります。安息日を守ることは、そのことでお互いをさばくことがないようにと神のことばが指導していることがらです。安息日を守ることは、ひとりひとりのクリスチャンが自分の心に確信をもつことです。

使徒行伝の始めの方の数章で、最初のクリスチャンたちはほとんどがユダヤ人でした。異邦人たちがイエス・キリストによって救いの賜物を受け始めたとき、ユダヤ人クリスチャンたちはジレンマに陥りました。異邦人クリスチャンに、モーセの律法とユダヤ人の伝統のどの局面に従うようにと指導したらよいのでしょう?エルサレム会議(使徒行伝15章)で、使徒たちが集まりこのことを話し合いました。決定は、「そこで、私の判断では、神に立ち返る異邦人を悩ませてはいけません。ただ、偶像に供えて汚れた物と不品行と絞め殺した物と血とを避けるように書き送るべきだと思います」(使徒行伝15:19−20)というものでした。安息日を守ることは、異邦人クリスチャンに押し付ける必要のない戒めのひとつであると、使徒たちは感じました。クリスチャンが安息日を守ることが神の命令であったのにもかかわらず、使徒たちが安息日を守ることを入れなかったとはとても思えません。

安息日を守ることの議論の中でのよくある間違いは、安息日は礼拝の日だという概念です。セブンスデイ・アドベンティストのようなグループは、土曜が安息日であるので神は安息日に礼拝を持つように要求されているとしています。それは安息日の命令ではありません。安息日の命令は、安息日に仕事をしてはならないというものです(出エジプト記20:8−11)。聖書のどこにも安息日を礼拝の日としなければならないとは書いてありません。確かに、旧約聖書、新約聖書、そして現代も、ユダヤ人たちは土曜日を礼拝の日としてきました。しかし、それは安息日の命令の根本ではありません。使徒行伝の中で集まりが安息日に持たれると書いてあるのはいつでもユダヤ人の集まりであって、クリスチャンの集まりではありません。

初代クリスチャンたちは、いつ集まったのでしょう?使徒行伝2:46−47に答えがあります。「そして毎日、心を一つにして宮に集まり、家でパンを裂き、喜びと真心をもって食事をともにし、神を賛美し、すべての民に好意を持たれた。主も毎日救われる人々を仲間に加えてくださった。」もし、クリスチャンたちが定期的に集まった日があったとしたら、それは週の初めの日(日曜日)であって、安息日(土曜日)ではありませんでした(使徒行伝20:7、Iコリント16:2)。キリストが日曜日によみがえられたことを記念して、初期のクリスチャンたちは日曜日を「クリスチャンの安息日」としてではなく、特別にイエス・キリストを礼拝する日として守りました。

ユダヤ人の安息日である土曜日に礼拝することは何か間違っているのでしょうか?まったくそんなことはありません!私たちは、土曜、日曜だけでなく、毎日神を礼拝するべきです!今日、多くの教会が土曜日と日曜日の両方に礼拝をもっています。キリストのうちには自由があります(ローマ8:21、IIコリント3:17、ガラテヤ5:1)。クリスチャンは、安息日を守る、つまり土曜日に働くべきではないのでしょうか?もし、あるクリスチャンがそのように、導かれていると感じるなら、そのとおりです(ローマ14:5)。しかしながら、安息日を守ることを選んだ人たちは、安息日を守らない人たちを裁いてはいけません(コロサイ2:16)。さらに、安息日を守らない人たちは、守る人たちのつまずきの石となることを避けなければなりません。ガラテヤ5:13−15に、このことがまとめられています。「兄弟たち。あなたがたは、自由を与えられるために召されたのです。ただ、その自由を肉の働く機会としないで、愛をもって互いに仕えなさい。律法全体は、『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』という一語をもって全うされるのです。もし互いにかみ合ったり、食い合ったりしているなら、お互いの間で滅ぼされてしまいます。気をつけなさい。」



日本語のホームページに戻る



神はクリスチャンに安息日を守ることを要求されますか?