モルモン教はカルトですか?モルモン教徒は何を信じているのですか?




質問: モルモン教はカルトですか?モルモン教徒は何を信じているのですか?

答え:
末日聖徒(LDS)としても知られているモルモンの宗教は、今から200年足らず前にジョセフ・スミスという名前の男性によって設立されました。彼は、父なる神さまとイエス・キリストからの個人的な訪問を受けたこと、父とイエスが、すべての教会とその教義は冒涜であると彼に語ったと主張しました。ジョセフは「地上で唯一の本当の教会」となる全く新しい宗教を作ろうと思い立ちました。モルモン教の問題点は、それ自体が聖書に矛盾し、聖書を修正し、膨張させるところにあります。クリスチャンには、聖書が真理でないとか、十分でないと信じる理由はひとつもありません。本当に神さまを信じ信頼するということは、神さまのことばを信じることです。そして聖書はすべて神さまの霊感によるものです。それは聖書が神さまからきたものであるという意味です(IIテモテ3:16)。

モルモンは実際神さまの霊感によることばはひとつではなく、4つあると信じています。1)「正確に翻訳されているかぎりにおいての」聖書。どの節が間違って訳されているかはいつもはっきりされていません。2)1830年にスミスによって「翻訳され」出版されたモルモン教典。Sスミスは、これを地上における「もっとも正しい本」であり、「これ以外のどの本よりも」この本の教えに従うことによって人は神さまに近づくことができると主張しました。3)モルモンが聖書と考えている‘教理と契約’は、「回復されたイエス・キリストの教会」に関する現代の啓示の数々を含んでいます。4)‘高価な真珠’はモルモンにとって聖書から失われた教理と教えを「はっきりさせる」ためのものと考えられ、地球の創造についての独自の情報を付加しています。

モルモンは神さまについて、次のように信じています。神さまは、いつでも宇宙の‘至高の存在’だったわけではなく、正しい生き方とたゆまぬ努力によってその身分に到達したというのです。彼らは、父なる神さまが「人間のからだと同じに触ることのできる肉と骨とでできた体」を持っていると信じています。現在のモルモン教リーダーによって退けられましたが、ブリガム・ヤングは実際に神さまであったのはアダムで、イエス・キリストの父親だったと教えました。クリスチャンは、神さまについて次のことを知っています。本当の神さまは唯一のお方であること(申命記6:4、イザヤ43:10、44:6−8)、神さまは永遠の昔からおられ、これからも永遠に存在されること(申命記33:27、詩篇90:2、Iテモテ1:17)、そして、神さまは造られたものではなく、造り主であること(創世記1章、詩篇24:1、イザヤ37:16)。神さまは完全であり、神さまに並ぶものはいません(詩篇86:8、イザヤ40:25)。父なる神さまは人間ではないし、そうであったこともありません(民数記23:19、Iサムエル5:29、ホセア11:9)。神さまは霊であり(ヨハネ4:24)、霊は肉と骨でできてはいません(ルカ24:39)。

モルモンは、死後のいのちにはいくつかの違う段階のレベル、または王国があると信じます。日の栄、月の栄、星の栄、そして外の暗やみです。人間がどこにたどり着くかは、この有限の人生で何を信じ何をしたかによって決まるといいます。聖書は、私たちがイエス・キリストを自分の主であり救い主であるという信仰を持っていたかどうかによって、死後天国に行くか地獄に行くかが決まると言っています。私たちが肉体を離れるということは、信者にとって主とともにいることなのです(IIコリント5:6−8)。未信者は地獄、または死者のための場所(ハデス)に送られます(ルカ16:22−23)。イエスが2度目に来られるとき、私たちは新しいからだを受けます(Iコリント15:50−54)。信者のためには新しい天と新しい地があり(黙示録21:1)、未信者は永遠に続く火の池に投げ込まれます(黙示録20:11−15)。死後には贖いのための2度目のチャンスはありません(へブル9:27)。

モルモンのリーダーたちは、イエスの受肉は父なる神さまとマリアとの間の肉体関係の結果であると教えています。彼らは、イエスは神々のひとりと信じていますが、どんな人間でも神のひとりになることができるとも信じているのです。クリスチャンは、歴史を通じて神さまは三位一体で永遠に父、御子、聖霊として存在されると教えてきました(マタイ28:19)。誰も神さまの身分に到達することなどできません。神さまだけが聖なる方なのです(Iサムエル2:2)。. 私たちは、神さまへの信仰によってのみ、神さまの目に聖なるものとされることができるのです(Iコリント1:2)。イエスだけが神さまのひとり子(ヨハネ3:16)であり、罪もなく、責められるところのない人生を送り、今は天で最高の栄誉の場所を占めておられるのです(ヘブル7:26)。 イエスと神さまとは本質がひとつであり、イエスだけが物理的な誕生の前に存在された‘ひとりの方’です。イエスは私たちのためにご自身を犠牲としてささげ、神さまはイエスを死からよみがえらされ、そしていつの日にかすべての者がイエス・キリストは主ですと告白するのです(ピリピ2:6−11)。イエスは、天国に自分の行いによってはいることは不可能であり、信仰により、主にあってのみ天国に行くことができると言われました(マタイ19:26)。そして多くの者が主を選ばないのです。「狭い門からはいりなさい。滅びに至る門は大きく、その道は広いからです。そして、そこからはいって行く者が多いのです。」(マタイ7:13)私たちはみな、自分の罪によって永遠の刑罰にふさわしい者たちですが、神さまは無限の愛と恵みによって脱出の道をくださいました。「罪から来る報酬は死です。しかし、神のくださる賜物は、私たちの主キリスト・イエスにある永遠のいのちです。」(ローマ6:23)

あきらかに、救いを受ける道はたったひとつしかなく、それは神さまと神さまの御子、イエスを知ることです(ヨハネ17:3)。それは行いによるのではなく、信仰によるのです(ローマ1:17、3:28)。私たちがこの信仰を持っているとき、私たちは自動的に神さまの律法に従順になり、神さまへの愛から洗礼を受けます。洗礼を受けるのは、それが救いのための必須条件だからではありません。私たちがどんな人間であろうと、過去に何をしていようと、この賜物(ギフト)を受けることができます。「この方以外には、だれによっても救いはありません。世界中でこの御名のほかには、私たちが救われるべき名としては、どのような名も、人間に与えられていないからです。」(使徒行伝4:12)モルモンの人たちは普通、親しみやすく、愛に満ち、親切な人たちですが、神さまのご性質とイエス・キリストの位格(三位一体の中のひとりとしての)と救いの意味を歪曲する、にせの宗教にだまされているのです。



日本語のホームページに戻る



モルモン教はカルトですか?モルモン教徒は何を信じているのですか?