ヒンズー教とは?ヒンズー教徒は何を信じているのですか?




質問:ヒンズー教とは?ヒンズー教徒は何を信じているのですか?

答え:
ヒンズー教は、もっとも古い組織化した宗教の一つです。その聖典は、紀元前1400年から1500年にまでさかのぼります。また、ヒンズー教は、何百万という神々を持って、最も多様で複雑な宗教の一つでもあります。ヒンズー教には広く多様な中心的信条があり、多くの違った宗派があります。ヒンズー教は世界で三番目に大きい宗教ですが、主にインドとネパール二存在しています。

ヒンズー教の主な文献は、ヴエーダ(最も重要とされる)、ウパニシャッド、マハーバーラタ、そして、ラーマーヤナです。これらの書には、賛歌、呪文、思想、儀式、叙詩、ヒンズー教徒たちがその話から信条を基礎にした物語などが含まれています。ヒンズー教のほかの文献はブラーマナ、スートラ、アランヤーカスがあります。.

ヒンズー教は、しばしば多神教として理解されますが、―三億三千万の神々を認めていると推定されているので―至高のひとりの神も、つまりブラーマもあります。ブラーマは、現実のすべての部分と全宇宙にいると信じられる存在です。ブラーマは、個人に関係しないし、知ることもできない存在で、三つの違ったかたち―ブラーマ;創造者、ヴィシヌ;保護者、シバ;破壊者という形で存在すると信じられています。ブラーマのこれらの”面”は、またそれぞれの輪廻転生によって知られるのです。さまざまなヒンズー教の宗派は、ほとんどすべての神学組織の要素を含めているので、ヒンズー教の神学を要約するのは、非常に困難です。ヒンズー教は以下のようでもありえます。

1) 一元論的―ひとつだけが存在する;サンカラ宗派
2) 汎神論的―ひとつの神だけが存在するので神は世界と同一である;バラモン教
3) 万有神論―世界は神の部分である;ラーマヌジャ宗派
4) 有神論―被造物とは違う唯一の神;バクテイーヒンズー教

他の宗派を観察すると、ヒンズー教は、無神論でも、自然神教でも、虚無主義でもあります。そのような多様なものまで、”ヒンズー教”の名の下に含められているので、まず第一に何が”ヒンズー教”にさせるのかと不思議になります。唯一の本当の問題は、ヴエーダを聖典と認めるか 否かです。もし認めるなら、ヒンズー教であり、認めないなら、ヒンズー教ではないということです。.

ヴエーダは神学書以上のものです。それらの文献は、豊かで、多彩な"神の神話”―物語りのかたちの宗教的根源を作り出すために、神話と神学、歴史を故意に織り込んだものを含んでいます。 この”神の神話”はインドの歴史と文化に深く根ざしていて、ヴェーダを否定することは、インドに反対していると見られます。だから、インドの文化をある程度取り入れないと、その信仰の組織はヒンズー教から拒否されます。ある信仰組織がインド文化とその神話的歴史を受け入れると、その神学が有神論、虚無主義、無神論的でさえあっても、その組織は”ヒンズー”として 受け入れられることができます。この矛盾に対しての開放性が、宗教的見解に論理的首尾一貫性と理性的弁護の可能性を求める西洋人にとっては頭痛の種なのです。しかし、公平になるために言いますが、クリスチャンもヤハーウェなる神を信じると主張しながら、実際には無神論者同様の生活をして、キリストを否定しているので、彼らより論理的とは言えません。なぜなら、ヒンズー教徒にとっては、戦いは本当の論理的矛盾なのです。クリスチャンにとって、戦いは、単なる偽善でしかないことが多いのです。

ヒンズー教は、人間を神とみなします。なぜなら、ブラーマがすべてだから、誰もが神だと主張します。アトマン、または自我はブラーマとひとつです。ブラーマの外のすべての現実は、単なる幻影だと考えます。ヒンズー教徒の霊的目標は、ブラーマと一体になることです。そうすることで、幻影のかたちの”個人としての自我”が存在しなくなるのです。この解放は”モクシャ”と呼ばれています。この”モクシャ”に到達するまでは、ヒンズー教徒は、この真理(つまり、ブラーマのみが存在し、他の何物も存在しないということ)に自分で気づくために、輪廻転生を繰り返すと信じています。どのようにして人が輪廻転生するかは、カーマによって決まります。カーマは因果応報の原理で、自然のバランスによって支配されています。過去にしたことが未来に起こることに影響を与え、また調和する、過去と未来の人生も含めて、というのです。

これは短い概要ですが、ヒンズー教が、ほとんどすべての信条において、聖書的キリスト教と反対 していることはすぐにわかります。キリスト教には、唯一の神がおられ、その神は個人的であり、知ることもできる神です。(申命記6:5;第1コリント8:6)キリスト教には、一組の聖書があり、神が地と、そこに住むすべての人を創造したと教えます。(創世記1:1;ヘブル11:3)キリスト教は、人間は神のかたちに似せて造られ、一度だけ生きる(創世記1:27;ヘブル9:27―28)と信じ、救いはイエス.キリストだけを通してうける(ヨハネ3:16;6:44:14:6:使徒伝4:12)と教えます。宗教組織としてヒンズー教は、落第です。なぜなら、イエスを独特な人となられた神であり人であり、救い主であること、唯一の人類の救いの十分な源泉と認めないからです。.



日本語のホームページに戻る



ヒンズー教とは?ヒンズー教徒は何を信じているのですか?