クリスチャンは運動をするべきですか?聖書は健康について何と言っていますか?




質問: クリスチャンは運動をするべきですか?聖書は健康について何と言っていますか?

答え:
Iテモテ4:8は「肉体の鍛錬もいくらかは有益ですが、今のいのちと未来のいのちが約束されている敬虔は、すべてに有益です」と言っています。運動には価値がないと言ってはいないことに注目してください!運動は有益であると言っています。しかし、敬虔のほうがもっと価値があることを述べて、優先順位を正しくもつようにと命じているのです。使徒パウロはまた、霊的な真理を説明するために肉体的な訓練のことを述べています。「競技場で走る人たちは、みな走っても、賞を受けるのはただひとりだ、ということを知っているでしょう。ですから、あなたがたも、賞を受けられるように走りなさい。また闘技をする者は、あらゆることについて自制します。彼らは朽ちる冠を受けるためにそうするのですが、私たちは朽ちない冠を受けるためにそうするのです。ですから、私は決勝点がどこかわからないような走り方はしていません。空を打つような拳闘もしてはいません。私は自分のからだを打ちたたいて従わせます。それは、私がほかの人に宣べ伝えておきながら、自分自身が失格者になるようなことのないためです。」(Iコリント9:24−27)IIテモテ2:5では、パウロは「また、競技をするときも、規定に従って競技をしなければ栄冠を得ることはできません」と言っています。また「私は勇敢に戦い、走るべき道のりを走り終え、信仰を守り通しました」(IIテモテ4:7)とも。

ですから、あきらかにクリスチャンが運動をすることは何も間違ったことではありません。実際、私たちが自分自身のからだを大切にするべきであることについて、聖書は明確です。エペソ5:29は「だれも自分の身を憎んだ者はいません。かえって、これを養い育てます。・・・」と言っています。聖書はまた、暴食に対して警告しています(申命記21:20、箴言23:2、IIペテロ1:5−7、IIテモテ3:1−9、IIコリント10:5)。それと同時に聖書は虚飾に対しても警告しています(Iサムエル16:7、箴言31:30、Iペテロ3:3−4)。聖書は健康については何と言っているでしょう?健康でありなさいと言っています!どうしたらそのゴールにたどり着けるでしょう? ほどよい運動をし、適度な食事を採ることです。私たちを造られた神さまは、健康と運動に関しても聖書的なパターンをくださったのです。



日本語のホームページに戻る



クリスチャンは運動をするべきですか?聖書は健康について何と言っていますか?