クリスチャンは医者にかかるべきですか?




質問: クリスチャンは医者にかかるべきですか?

答え:
聖書の中には、医師について書いてあるところがだいたい12箇所くらいあります。本文から取り出すことができて、医師にかかるべきではないと教えている唯一の箇所はII歴代誌16:12です。それから、アサはその治世の三十九年に、両足とも病気にかかった。彼の病は重かった。ところが、その病の中でさえ、彼は主を求めることをしないで、逆に医者を求めた。」しかし、この特別な例は、それよりも早い時期に神さまに背を向けた、アサの晩年における人生観が関わっています。

「医学的な手当て」を使うことについて語っている箇所はたくさんあります。たとえば、包帯をする(イザヤ1:6)、油(ヤコブ5:14)、油とぶどう酒(ルカ10:34)、〔薬となる〕葉(エゼキエル47:12)、ぶどう酒(Iテモテ5:23)、そして軟膏、とくに「ギルアデの乳香」(エレミヤ8:22)です。また、使徒行伝とルカの福音書の著者であるルカは、パウロに「愛する医者」と呼ばれています(コロサイ4:14)。

マルコ5:25−30は、長血を患っている女性の物語を語っています。たくさんの医者にかかり、すべてのお金を使い果たしたのに、医者たちは彼女を癒すことはできませんでした彼女は主の着物にさわることができたら、自分は癒されると考えてイエスのところに来て、そして癒されました。

なぜ罪人たちと時間をすごすのかとのパリサイ人たちの質問に答えて、イエスは答えられました。「医者を必要とするのは丈夫な者ではなく、病人です。」〔マタイ9:12〕以上の箇所から、次のような原則をふるいわけることができるでしょう。

1)医師は神さまではありませんし、そのように思われるべきではありません。彼らは、ときには助けることができますが、お金だけとって、何も達成できないこともあります。

2)医師を探し、「地上の」治療を使うことは聖書では罪とされてはいないし、むしろ聖書全体を通してずっと使われてきたと思われます。

3)どんな肉体的な問題にも、神さまの介入を求めるべきです(ヤコブ4:2、5:13)。神さまは、私たちが願うようにいつも答えてくださるとは約束していません(イザヤ55:8−9)。しかし私たちには、神さまがなさることはすべて愛のうちになされるので、私たちにとって最善なのだという確信があります(詩篇145:8−9)。

では、クリスチャンは医者にかかるべきでしょうか? 神さまは私たちを、知性的に、そして薬を作り、どのように私たちのからだを修理すべきか学べる能力を持つものとして造られました。この知識と能力を物理的ないやしに適用することは何も間違っていません。 医者は、彼らを通して神さまが癒しと回復を与えてくださるための神さまからの贈り物と見ることができます。と同時に、私たちの究極的な信仰と信頼とは神さまにあるべきであって、医者や薬にあるべきではありません。.人生で私たちが直面する難しい決定のすべてと同じように、神さまは私たちが知恵を求めるとき知恵を与えてくださるのです(ヤコブ1:5)。



日本語のホームページに戻る



クリスチャンは医者にかかるべきですか?