イエス・キリストの12弟子・使徒はどういう人たちでしたか?




質問: イエス・キリストの12弟子・使徒はどういう人たちでしたか?

答え:
「弟子」ということばは、「学ぶ人」または「従う人」を意味します。「使徒」ということばは、「送り出された人」という意味です。イエスが地上におられる間、12人は弟子と呼ばれていました。12弟子はイエス・キリストに従い、主から学び、主によって訓練されました。イエスが復活されたあと、イエスは弟子たちをご自分の証人として送り出されました(マタイ28:18−20、使徒行伝1:8)。そのあと、彼らは12使徒と呼ばれるようになりました。しかしながら、イエスが地上におられたときでさえも、弟子と使徒という言い回しはある程度同じように使われていました。それは、イエスが彼らを訓練し、送り出されたからです。

もともとの12弟子・使徒たちは、マタイ10:2−4にあげられています。「さて、十二使徒の名は次のとおりである。まず、ペテロと呼ばれるシモンとその兄弟アンデレ、ゼベダイの子ヤコブとその兄弟ヨハネ、ピリポとバルトロマイ、トマスと取税人マタイ、アルパヨの子ヤコブとタダイ、熱心党員シモンとイエスを裏切ったイスカリオテ・ユダである。」聖書には、12弟子・使徒のリストがマルコ3:16−19とルカ6:13−16にもあります。3つの箇所を比較すると、2つのほんのちょっとした名前の違いがあります。タダイは、「ヤコブの子ユダ」(ルカ6:16)、レビ(マタイ10:3、訳注:日本語にはない)とも呼ばれていたようです。熱心党員シモンは、カナン人シモン(マルコ3:18、訳注:日本語にはない)としても知られていました。イエスを裏切ったイスカリオテ・ユダのあとは、マッテヤが12使徒を継ぎました(使徒行伝1:20−26)。聖書教師のうちの幾人かは、マッテヤを12使徒の「虚弱な」メンバーであるとし、12使徒でイスカリオテ・ユダに取って代わる神さまの選択は、使徒パウロであったと信じています。

12弟子・使徒は、神さまが特別に素晴らしい方法で用いられた、ごく普通の人たちでした。12人の中には、漁師もいれば、取税人、そして革命家もいました。福音書は、イエス・キリストに従ったこれら12人の男たちの、絶え間ない失敗と、苦闘と、疑いを記録しています。イエスの復活と昇天を目撃したあと、聖霊が弟子・使徒たちを「世界中を騒がせ」(使徒行伝17:6)た力強い神の人へと変革されました。何が変わったのでしょう? 12弟子・使徒たちは、「イエスとともにいた」(使徒行伝4:13)のです。私たちも同じように言われることができますように!



日本語のホームページに戻る



イエス・キリストの12弟子・使徒はどういう人たちでしたか?